時間を守らないヤツはパラレルワールドに住んでいる可能性が高い。

 

どうも、ササキです。

 

昨日は自分が留学のために貯めなければならないお金を計算して、「あ、めっちゃバイトしないとやべえな」となりました。

 

f:id:chihiro-sasaki:20170810134231p:plain

 

そんな私はパラレルワールドという通り名を持つ不思議な友人がいます。

 

昨日、「13時に待ち合わせをしよう」という話をしていたのですが、13時になっても一向に姿を現しません。

 

どうしたものかと連絡をすると

 

「…ごめぇ〜〜ん、寝とったぁ〜〜。今から行くけん、13時30分につくねぇ〜」

 

オイ。寝てんなよ。

 

そう思いましたが、想定内の範囲ではあったので気長に待ちます。

 

予定変更した時間、13時30分になりました。

 

未だに彼女の姿は見えません。再度ラインをすると

 

「今バスのっとる。」「あと5分以内に着くと思われる。」

 

とのこと。まあ、待つしかないので待ちます。

 

・・・。

 

・・・・・・。

 

・・・・・・・・・。

 

来ねえ・・・。

 

結局、彼女が来たのは14時きっかりでした。

 

つまり1時間のズレ。

 

彼女と待ち合わせをすると大抵同じことが起きるので、「これは只事じゃない。何かあるぞ」と思った私はこのように結論付けました。

 

パラレルワールドには現実世界との時差がある。」

 

です。

 

そもそもパラレルワールドとは?

 

パラレルワールドとは平行世界のことですが、この記事の中では「世間の一般的な感覚が逸脱した人」を指します。

 

私の友人は圧倒的に「時間の感覚」が逸脱しているのでしょう。

 

みなさんの周囲にもそういう人はいませんか?

 

そういった人間は同じ現実世界に住んでいるのではなく、「パラレルワールドに住んでいる可能性が高い」と疑った方がいいです。

 

パラレルワールドには凡そ1時間ほどの時差が現実世界とはあります。

 

国で考えるとオーストラリアなど、日本時間より1時間早い国。

 

私の場合、もし「13時に待ち合わせしよう」とするのであれば、まず時間軸を揃える必要性がありました。

 

私の13時は日本時間ですが、彼らにとって13時はパラレルワールド時間の14時だったのです

 

そのため、これから待ち合わせをする際には「待ち合わせ時間」を「自分時間の待ち合わせ時間ー1時間」にして、相手に提示していきたいと思います。

 

そうすれば誤差がなくなることは間違いないでしょう。

 

また、彼らは一つの感覚が逸脱しているだけではなく、複合的に色々な感覚が逸脱している場合が多いです。

 

その一例がこちら。

 

f:id:chihiro-sasaki:20170810141606j:plain

 

割れた画面。

 

「ぜんぶマシになーあれ」という悲壮感漂う待ち受け。

 

6670件も溜まっているGmail

 

「なんてことはない、なんてことはない、ただの待ち受けなんだ…!」と思いたいのに、思わせてくれないのです。

 

しかも隣で「ぜんぶマシになーあれっていう歌があるんだよ?知らない?」と「自分の中の常識」をあたかも「世間の常識」であるが如く語り出し、「ぜんぶマシになーあれ」という歌を平然と歌い出す狂気。

 

「ぜんぶヨクなーあれ」ではなく「ぜんぶマシになーあれ」なのです。

 

「良くなれ」と言えば求める水準が高いように聞こえますが、「マシになれ」と言えば求める水準は圧倒的に低いように聞こえます。

 

しかも「マシにする」ではなく「マシになれ」。

 

「自分からを現状を変えていきたいという能動的なもの」というよりかは、「勝手に現状が変わってくれたら良いな〜という受動的なもの」。

 

 

以上のことから、パラレルワールドの住人たちの幸せ水準は低く、その幸せは受動的なものである場合が多いのです。

 

パラレルワールドの住人と交流を深めるメリット

 

パラレルワールドの住人と交流を深めることは悪いことではありません。

 

私たちが「一般的」だと捉えていることを覆すきっかけを与えてくれます。

 

それだけではなく、イラっとした時に「クッソ!何だコイツ!」と思いながらも、「まあ、しょうがないか…。」と人を許す力を養えるようにもなるのです。

 

つまり、パラレルワールドの住人と関わっていくことで、人間的な成長が見込めると考えています。

 

大半のパラレルワールドの住人は、穏やかで親しみやすい、ぶっ飛んでいるので面白い場合が多く、友達には最適です。

 

パラレルワールドの住人に積極的に関わっていくことをお勧めします。

 

 

 

 

 

ササキのLINEスタンプ

line.me