人の目を超絶気にして生きている自分をブログで殺しにいく。

 

 

どうも、アンチリア充代表ササキです。

 

 

飛行機が台風の影響でグッラグラに揺れたものの、昨日無事福岡に到着しました。

 

東京より暑い灼熱地獄、福岡。

 

 

久しぶりに家族と再会し嬉しかったものの、父親から「大学生活が人生で一番楽しいだろ!」と言葉をかけられ煮え切らない気持ちです。

 

vancouverdiary.hatenablog.com

 

楽しくないわけじゃないけど、人生で一番かどうかはちょっと判断しかねる。

 

その意味も込めて「…さあね。」と言うと「さあね、じゃなくてそうなんだよ。」と言われました。

 

一番かどうかは自分で決めることなのに、何で第三者から断定されなければならないんだ。

 

そう言い返せばよかったものの、「こんなこと言っても伝わらないだろうな」「社会に出てないから分からないんだよって言われて終わりだろうな」と思って、何も言葉を発さずに終わり。

 

 

ああ、また人目を気にしてしまった。

 

そう思って昨日は落胆しました。

 

親の目すら気にしてしまうのか〜、まだまだだなあ。

 

言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン。

 

まあ自分から世の中をポイズンにしてるんですけど。

 

そんな時は、反町隆史のPoisonを聴きながら、あんちゃさんのブログを読んでいます。

 

www.mazimazi-party.com

 

人の目を気にすることで自分を消耗していく

 

今思えば、いつでもどこでも人目を気にしている。

 

人間関係は他者との繋がりでできていくので、ある程度人を気にかけることは必要ですが、それにしても病的に気にしすぎなのでは?と思います。

 

「今、ここでこうすれば良く思われるだろう」

 

とか

 

「今、ここでこうすれば悪く思われるだろう」

 

とか、私と親交が深い人は分かると思うのですが、実際かなり考えています。

 

アキラは100%ですが、ササキは120%です。

 

自分の意思で「こうしたい!」と思って行動するのか、「他人からこう思われたい・もしくはこう思われたくない」と思って行動するのか、全然違いますよね。

 

私は後者の場合が圧倒的に多いのです。

 

ブログの運営とかラインスタンプの作成とかは前者ですが。)

 

将来のことだって「周囲から悪く思われるから就活は一応するか」といった感じでした。

 

結局、そこで違和感を感じまくって消耗してるんですけど。

 

「自分はやりたいことがあるのに、何でこんなことしてんの?アホなの?」

 

「でも、周りから批判されるんだもん。夢を追うことは甘えだって。」

 

こんな感じで自分の意思を大切にしたい自分周囲の目を気にする自分がいつもせめぎ合っています。

 

その2種類の自分たちは分かり合えることがないので、最終的に本体である私が消耗していくのです。

 

世知辛え。

 

そんな時は、ヤギペーさんのブログを読んでいます。

 

www.jimpei.net

 

どうして私がブログで自分の想いを発信するのか

 

「もう人目を気にすることから足を洗おう」と考えたからです。

 

未だに人目を気にしている部分はありますが、否定されても「まあ、しゃあなし。自分は自分だよな。」と以前よりも思えるようになってきたと思います。

 

口に出して言えなかったその時の違和感を文字に起こすことで、「ああ、自分はこう思ったから違和感を感じていたんだな」ともっと自分を客観的に理解できるようになりました。

 

だからこそ、他人から否定された時でも自分の正直な想いを信じられるようになったのかなあと。

 

また「私はこう思う」論を発した際に、何人かのたちが「分かる。」「そうなんだよ。」と共感してくれたり、「面白いね!」と言ってくれたりすることがとても嬉しい。

 

それって「人からよく思われたい」ってことじゃないの?と思ったのですが、私はその人たちに受けるような記事を意図して書いたわけではないので、偶然思ってることが一緒だったから「嬉しい」のだと思います。

 

つまり、私が心の奥底で考えていることを発信することで、周りの人たちのモヤモヤも一緒に解消できるのかもしれません。

 

自分が共感できなければ記事は書くことができませんが、何か「モヤっとしたものがあってササキに発信して欲しい」というものがあれば、私までご連絡を(笑)

 

 

ブログって自分の正直な想いを発信していくのにとても良いツールだと思うので。

 

人目を超絶気にして生きている私よ、どんどんブログで殺していくよ!