世の中の「〜なわけなくない?」星人はその星で生涯を終えればいい。

こんにちは、レポートはまだ残っているもののテスト終了しましたササキです。

 

世の中には「〜なわけなくない?」星人がたくさんいます。

留学した際には「たかが1年で英語力とか上がるわけなくない?」星人、LINEスタンプを作った際には「所詮スタンプとか売れるわけなくない?」星人に出会いました。

 

私は彼らを未知の生命体と認識し、「早くその実態を暴いてやりたい。」その一心で今回は有限の可能性しか持ち合わせない「〜なわけなくない?」星人の実態について調査してきました。

 

「〜なわけなくない?」星人の特徴

まず、彼らが「〜なわけなくない?」と発する際、99.752632839%の確率でこの顔をしています。

 f:id:chihiro-sasaki:20170728211857p:plain

※イライラしないために、タコさんウィンナー風にアレンジ。

 

彼らは無意識かもしれませんが、顔の表情筋はすでに言葉と連携を取っています。

眉毛は基本的にU字、口角もU字。表情に張り付いているもの全てが地球:栃木県から輸入されているとしか思えないほどのU字工事です。

 

一度「顔面」に焦点を定めてしまえば、その強烈さにアッパーをくらい、身体的イメージはもはやフワッフワになります。(上記の絵参照)

普段からこんな表情筋の使い方をしない地球市民にとって、彼らは脅威となり得ることでしょう。

 

何をしていても、ふとした瞬間にあの「顔面」が浮かび上がってくる。

そして私たちを極度のストレス状態に陥れ、私たちの意欲を奪い去っていく。

それが奴ら「〜なわけなくない?」星人の目論見なのです。(諸説あり)

 

「〜なわけなくない?」星ついて

彼らが住む「〜なわけなくない?」星について、特筆しておかなければならないことがあります。

それは「未開の土地」であるということ。たくさんの資源があるようにも見受けられますが、開拓されていないのでよく分かりません。

 

なぜ彼らは自らの土地を開拓しようとしないのか。

聞くところによると「資源があるわけなくない?」とのことでした。

真偽のほどは確かではありませんが、地球に住む私にはその星を開拓する権利を与えられていないので、地球から見守ることしかできませんでした。

 

 

それにも関わらず、地球人が自らの土地を開拓しようとすると真っ先にとんできて「資源があるわけなくない?」と言葉を発するのだからタチが悪い。

この「資源があるわけなくない?」には

 

「資源がないのだから無駄な労力だよ。やめておきな」という気遣い:5%

「資源がないと知っている私、天才。」という自意識過剰な達観:35%

「もし資源があってコイツらが発展したらどうしよう。」という妬み:60%

 

が含まれているように思います。

 

「〜なわけなくない?」星人へ

「それってやっても意味ないじゃん?」という言葉を発する「〜なわけなくない?」星人に対して私がいつも思うことは

 

「やってみなきゃ分かんなくない?」

「自分自身がやってから発言しろ」

「もうその星で生涯を終えれば?」

 

以上の3点です。

 

●「たかが1年で英語力とか上がるわけなくない?」

留学の際の英語力に関していえば、日本にいるときよりかは格段に上達しました。

また英語だけではなく、自分のこれからの生き方について深く考えたり、違う国に住む友人ができたり、たくさんのものを得ましたよ。

最初の目標は英語力の向上でしたが、気づけば目標が変わっているなんてこともしばしば。それは悪いことではなく、新たなことを得るための目標修正なのです。

 

●「所詮スタンプとか売れるわけなくない?」

LINEスタンプに関しては、確かに売り上げはそれほど伸びはしません。

しかし、友人がスタンプを買ってくれて、使ってくれる喜びを知りました。

最初は「スタンプを作ってお金を稼いでみたい」という気持ちから始めましたが、今はただ単純に「自分が作ったものを使ってくれてる!嬉しい!」という感じです。

 

(その例のスタンプがこちら。)

store.line.me

 

 (あとオリジナルTシャツ販売も。)

steers.jp

 

だから、「〜は無駄だ」なんて決めつければ決めつけるほど、得られるだろうものを自ら手放すことになります。

「それってやっても意味ないじゃん?」と考えるより「そういうこともできるんだ。ふーん。」か「自分もやってみようかな〜」とポジティブな姿勢で受け止めてくれたら、ササキがもっと生きやすくなります。笑

 

 

 

 

次回は

f:id:chihiro-sasaki:20170728202438p:plain