航空券の姓名でやらかす

お久しぶりです、佐々木です。

留学の最後の最後でやらかしました。


航空券の姓名を逆に入力してしまうというね、ゴミなのかな。


不安でネットで検索かけたところ、結構色んな人が間違ってるみたいで…。「原則乗れない!」と言っている人もいるし、「私は乗れたよ大丈夫!」と言ってる人もいて、佐々木のアホは博打状態のまま空港へ向かいました。


事の経緯を説明すると


1. Fareboomという格安航空券会社を通してアリゾナのフェニックスから福岡行きのチケットを買う(860ドル)


フェニックス→シアトル (アラスカ航空)

シアトル→仁川 (デルタ航空)

仁川→福岡 (アシアナ航空)


2.  トランジットに関して不安だったため、デルタ航空にメールを送る(チェックインは一箇所でできるか、荷物の到着場所はどこか)


3. デルタ航空からの返信で姓名の誤りに気づく (出発の4日前あたり)



格安航空券会社にもメールして、名前の訂正にどれぐらいかかるか聞いたところ「名前の訂正は100ドルから承っております。デルタ航空の方に確認してみますね。」との返信をもらいました。


そしてその次のメールでは「名前の訂正に100ドル、再予約に800ドルかかります。でももしかしたら、空港のチェックインカウンターでどうにかしてもらえるかもしれません。どうしますか?」とのこと。


え?800ドル?さっきそんなこと言ってなかったですよね?つまり変更するのにトータルで900ドルかかると言われたわけですよ。


友達から「それが本当かどうか分からないから、デルタに連絡してみれば」とのことで、デルタ航空にも連絡を入れたところ「こちらでは名義変更の対応はできません」としか言われませんでした。


どうせそんな大金を払うのであれば空港で一旦確認して、本当に無理だったら払おう。

そうして今日、フライトの4時間前にチェックインカウンターに向かったわけです。


まず最初のフライトはアラスカ航空だったのでそちらのカウンターまで行きました。


私「チェックインしたいんですけど、姓名逆にしちゃってて…」


ア「デルタ航空の方に確認して来てください」


で、デルタ航空の方に向かいました。


私「チェックインしたいんですけど、姓名逆にしちゃってて…」


デ「私たちも対応できないから、Fareboomに確認しなきゃだよ。ていうか、姓名逆で問題あるの?


ねえ〜、姓名逆って別に大丈夫だよね〜?(同僚に聞く)」


同僚「国際線の場合はだめよ」


デ「え、なんで?そうなの?

じゃあこのFareboomにダブルチェックしてみるから待ってて。


(Fareboomに電話) 名前を逆にしちゃったみたいなんだけど、変えられる?50ドルかかるのね、オッケー」


そんな感じで50ドル払って最終的に名義変更してもらいました。


Fareboom、お前100ドルって言ってただろ!!!ぼったくり野郎!!!と思いつつ、まあ全ては自分のミスなので…はい。


100パーセントとは言えませんが、チェックインカウンターに行けばなんとかしてもらえることの方が多いのではないかなと思います。同じ間違いをしてこの記事を読んでる方、気を落とさないで、まずはチェックインカウンターに言って交渉してみてください!


ちなみにアラスカ航空の方がすごくいい方で、「大丈夫だった?名前変えてもらえた?よかった〜!」と心配して下さいました。

またデルタ航空の対応して下さったおばさんもFareboomにまで電話を繋いでくれて本当に感謝です。


今度は同じ間違いするなよ、佐々木!