将来の話をしよう。ちょっと真面目に悶々編

 

前回のあらすじ

ぬるま湯で悠々自適に育てられたブタがいました。彼女の名前は佐々木ちひろ(21)。カナダでもぬくぬくと過ごし、プラス4キロ。帰国次第出荷予定です。

 

先日幼馴染みから「佐々木さん元気?なんかくじけたらこれでも見てよ。これ佐々木さんに似てる。」というメッセージとともに動画が送られてきました。この腐れ馴染みのせいで中学時代いじめと間違えられ一般人から通報され生徒指導室に送り込まれたことは一生忘れません。

 

そんな幼馴染みからの心温まる動画、

 

それはブルゾンちえみでした。

 

「佐々木さんに似てる」という前振りから薄々「どんなブスの動画送ってくんのかなこいつ」とは思っていたものの、まさかのキャリアをネタにしてくる女とは…。

 

私立中高大(4大卒)+留学1年間、アッパーミドル階級、このまま周りの流れにのって就活すればブルゾンちえみようなキャリアウーマンになれるかもしれない。(いやブルゾンちえみは芸人だわ)

 

大学入学当初は「いぇ〜い!上智大学合格した(まぐれ)!大学デビュー(失敗に終わる)!大企業に就職!(今時大企業がずっと大企業である確証はない!)」っていう感じでブルゾン化の一歩を辿ろうとしていた時期があった。

 

でも今よくよく考えると、自分のやりたいことは保育士として子どもたちの成長に携わることだなあ〜と。バンクーバーで「子どもに投資しよう。彼らは私たちの未来だから!」っていう看板を見て、しっくりきたのである。私キャリアウーマンとかじゃなくて胚乳とか肥料ぐらいでいいや!

 

某巨人漫画の主人公エレ○・イェーガー君(15)「黙って俺に投資しろ!!!」って言ってました。(コンテキスト分かんないとただのヒモ野郎)それと同じで私も「黙って子どもに投資」する!

 

そしてやっぱり保育士になるっていうことはお給料も低い。お金にそんなに執着してるわけではないけど、「保育士だからお給料低いよね。しょうがないよね。」で済ますのも違うと思う。どうにかできると思う?わっかんないな〜

 

お給料が低い理由として

①両親が働き始めだからそんなに高い額を求められない

②世間的認識(保育士ってただ子どもと遊んでるだけ)(保育園=両親が働いている間に子どもの面倒をみてもらう場所)(中等高等教育に目がいきがち)(女性の職業は歴史的に低賃金・ロウステータス)

 

政府が家庭か施設に補助金出せばいい?どうなんだろう。

 

まあそんな感じで色々考えております。

悩むよ〜、将来。自分のやりたいことは見えてきたけど!!