航空券の姓名でやらかす

お久しぶりです、佐々木です。

留学の最後の最後でやらかしました。


航空券の姓名を逆に入力してしまうというね、ゴミなのかな。


不安でネットで検索かけたところ、結構色んな人が間違ってるみたいで…。「原則乗れない!」と言っている人もいるし、「私は乗れたよ大丈夫!」と言ってる人もいて、佐々木のアホは博打状態のまま空港へ向かいました。


事の経緯を説明すると


1. Fareboomという格安航空券会社を通してアリゾナのフェニックスから福岡行きのチケットを買う(860ドル)


フェニックス→シアトル (アラスカ航空)

シアトル→仁川 (デルタ航空)

仁川→福岡 (アシアナ航空)


2.  トランジットに関して不安だったため、デルタ航空にメールを送る(チェックインは一箇所でできるか、荷物の到着場所はどこか)


3. デルタ航空からの返信で姓名の誤りに気づく (出発の4日前あたり)



格安航空券会社にもメールして、名前の訂正にどれぐらいかかるか聞いたところ「名前の訂正は100ドルから承っております。デルタ航空の方に確認してみますね。」との返信をもらいました。


そしてその次のメールでは「名前の訂正に100ドル、再予約に800ドルかかります。でももしかしたら、空港のチェックインカウンターでどうにかしてもらえるかもしれません。どうしますか?」とのこと。


え?800ドル?さっきそんなこと言ってなかったですよね?つまり変更するのにトータルで900ドルかかると言われたわけですよ。


友達から「それが本当かどうか分からないから、デルタに連絡してみれば」とのことで、デルタ航空にも連絡を入れたところ「こちらでは名義変更の対応はできません」としか言われませんでした。


どうせそんな大金を払うのであれば空港で一旦確認して、本当に無理だったら払おう。

そうして今日、フライトの4時間前にチェックインカウンターに向かったわけです。


まず最初のフライトはアラスカ航空だったのでそちらのカウンターまで行きました。


私「チェックインしたいんですけど、姓名逆にしちゃってて…」


ア「デルタ航空の方に確認して来てください」


で、デルタ航空の方に向かいました。


私「チェックインしたいんですけど、姓名逆にしちゃってて…」


デ「私たちも対応できないから、Fareboomに確認しなきゃだよ。ていうか、姓名逆で問題あるの?


ねえ〜、姓名逆って別に大丈夫だよね〜?(同僚に聞く)」


同僚「国際線の場合はだめよ」


デ「え、なんで?そうなの?

じゃあこのFareboomにダブルチェックしてみるから待ってて。


(Fareboomに電話) 名前を逆にしちゃったみたいなんだけど、変えられる?50ドルかかるのね、オッケー」


そんな感じで50ドル払って最終的に名義変更してもらいました。


Fareboom、お前100ドルって言ってただろ!!!ぼったくり野郎!!!と思いつつ、まあ全ては自分のミスなので…はい。


100パーセントとは言えませんが、チェックインカウンターに行けばなんとかしてもらえることの方が多いのではないかなと思います。同じ間違いをしてこの記事を読んでる方、気を落とさないで、まずはチェックインカウンターに言って交渉してみてください!


ちなみにアラスカ航空の方がすごくいい方で、「大丈夫だった?名前変えてもらえた?よかった〜!」と心配して下さいました。

またデルタ航空の対応して下さったおばさんもFareboomにまで電話を繋いでくれて本当に感謝です。


今度は同じ間違いするなよ、佐々木!

将来の話をしよう。ちょっと真面目に悶々編

 

前回のあらすじ

ぬるま湯で悠々自適に育てられたブタがいました。彼女の名前は佐々木ちひろ(21)。カナダでもぬくぬくと過ごし、プラス4キロ。帰国次第出荷予定です。

 

先日幼馴染みから「佐々木さん元気?なんかくじけたらこれでも見てよ。これ佐々木さんに似てる。」というメッセージとともに動画が送られてきました。この腐れ馴染みのせいで中学時代いじめと間違えられ一般人から通報され生徒指導室に送り込まれたことは一生忘れません。

 

そんな幼馴染みからの心温まる動画、

 

それはブルゾンちえみでした。

 

「佐々木さんに似てる」という前振りから薄々「どんなブスの動画送ってくんのかなこいつ」とは思っていたものの、まさかのキャリアをネタにしてくる女とは…。

 

私立中高大(4大卒)+留学1年間、アッパーミドル階級、このまま周りの流れにのって就活すればブルゾンちえみようなキャリアウーマンになれるかもしれない。(いやブルゾンちえみは芸人だわ)

 

大学入学当初は「いぇ〜い!上智大学合格した(まぐれ)!大学デビュー(失敗に終わる)!大企業に就職!(今時大企業がずっと大企業である確証はない!)」っていう感じでブルゾン化の一歩を辿ろうとしていた時期があった。

 

でも今よくよく考えると、自分のやりたいことは保育士として子どもたちの成長に携わることだなあ〜と。バンクーバーで「子どもに投資しよう。彼らは私たちの未来だから!」っていう看板を見て、しっくりきたのである。私キャリアウーマンとかじゃなくて胚乳とか肥料ぐらいでいいや!

 

某巨人漫画の主人公エレ○・イェーガー君(15)「黙って俺に投資しろ!!!」って言ってました。(コンテキスト分かんないとただのヒモ野郎)それと同じで私も「黙って子どもに投資」する!

 

そしてやっぱり保育士になるっていうことはお給料も低い。お金にそんなに執着してるわけではないけど、「保育士だからお給料低いよね。しょうがないよね。」で済ますのも違うと思う。どうにかできると思う?わっかんないな〜

 

お給料が低い理由として

①両親が働き始めだからそんなに高い額を求められない

②世間的認識(保育士ってただ子どもと遊んでるだけ)(保育園=両親が働いている間に子どもの面倒をみてもらう場所)(中等高等教育に目がいきがち)(女性の職業は歴史的に低賃金・ロウステータス)

 

政府が家庭か施設に補助金出せばいい?どうなんだろう。

 

まあそんな感じで色々考えております。

悩むよ〜、将来。自分のやりたいことは見えてきたけど!!

 

 

 

 

 

 

将来の話をしよう。懺悔編



お久しぶりです、佐々木です。

カナダ留学も残り1ヶ月とちょっとになりました。体重の記載はしませんがプラス4キロあたりの質量です。最早養豚場行きです。


同期のみんなは就活の時期かなあ。はてさて私はどうするかなあ。


カナダで留学して変わったことは「いい加減彼氏欲しいわァ〜」と頻繁に言わなくなったことです。生殖機能の衰えでしょうか。


たぶん自分の将来について考える時間が多くなったんだと思います。(突然の意識高い系)


カナダでも未だに変わらないことは、自分がしたこと(モノマネ、一発ギャグ)に対して誰かが笑ってくれるのを見ると嬉しいというこの限りない自己満足具合と、未来を担う子供たちのためになら植物でいう胚乳(※有胚種子の場合)ぐらいになってもいいやということです。


こう考えると、私の考えの中に「お金」という概念が出てこないんですねぇ〜。


友達から「飲み会くる?」「○○○行かない?」って言われたとき「お小遣い足りないから行けないや〜」「ごめん、お金ないから無理」って言ったことがあります。


ごめんね、みんなも薄々気づいてたかもしれないけど、


それただ普通に行きたくなかっただけ!!!

お金???普通にある!!!


バイトちょこっとしてただけのやつがどう生計立ててたんだこの野郎と思われるかもしれないが、


パッパの力だよ!!!(限りないゴミ)


(引用:父親「大学生の貴重な時間をお金に変える必要はない。」)


そんなこんなで、悠々自適に暮らしてきた私佐々木ちひろ21歳はお金のプライオリティが果てしなく低いようだった。(車も家もいらないから生きていけるだけの食料と寝る布団があればおっけー。洋服もしまむらとかでおっけー。あ、でもコーヒーメーカーは欲しい。)



つづく。